家族を見送る

友引の葬儀はだめ?

日本には、陰陽道の孔明六陽星という、吉凶を占うものがあります。
カレンダーなどに、友引、先負、仏滅、大安、赤口、先勝と書いてありますよね。
それが、孔明六陽星なのです。
これは、それぞれに意味があり、毎日の吉凶が示されています。

元々日本には、葬儀の凶日を表す「友卑方」というものがあります。
その「友卑方」と「友引」が混ざってしまい、友引の葬儀はだめ。という風習が生まれました。

友引は、元々「共引」表記されていましたが、最近になって、「友引」と表記されるようになり、
その意味が「友達を引き連れてあの世へ行く」という定説が出来てしまいました。
そのため、友引の葬儀はほとんど行いません。

友引と葬儀が同日になってしまう時は、その翌日に葬儀を行うことがほとんどです。
この日が、葬儀会場、葬儀業者の定休日に指定されている場合の多く、
現在では、ほとんどが友引の翌日に葬儀が行われています。
ですが、お通夜に関しては、特に決まりがなく、友引であっても通常通り執り行われます。
どうしても、友引に葬儀を行いたいという場合には、
地域によって「友引人形」という人形を棺の中に入れて葬儀する所もあるそうです。

ちなみに、友引とは大安に次ぐ吉日で、結婚式などのお祝い事に最適です。
但し、正午のみ「凶」とされています。

ですが、これは、日本人に多い「仏教」とは、関係ありません。
仏教の見解では、友引というのは、月曜、火曜、という曜日と同じ扱いですので、
友引に葬儀をあげても問題ないそうです。

ですが、個々の解釈の仕方によっては、「なんて非常識」と解釈される方もおられれば
「気にならない」という方もいらっしゃいます。
そのため、無難に友引を避ける方が多いようです。

最近では、友引に葬儀を行う方もいらっしゃいますし、
地域やご家庭によっても冠婚葬祭の基準は変わってきます。
これが、正解というものはありませんので、ご自身や周囲の方と相談して決定してくださいね。

Menu